プログラミングのメリットと必要性を徹底解説!

プログラミング

こんにちは。kenjyamanblogです。

最近よく聞くエンジニア転職ですが多くの人が「家でできてお金も稼げるって最高じゃん!」っていう憧れを抱いていることは間違い無いと思います。

最近プログラミング業界は過度な「プログラマー不足」に陥っていることをご存知でしょうか?しかしこんな事態にもかかわらずプログラマーの需要は年々高まってきています。

お気づきでしょうか?そうです。

今このタイミングでプログラミング業界に足を踏み入れることがどれだけ後に有利に働くかをお分かりいただけたかと思います。

ということで今日は「プログラミングをするメリットはなんなのか」、「プログラミングがどういうものなのか」という2つのことを見ていこうと思います。よろしくお願いします。

プログラミングをするメリット

皆さんは「プログラミングをやるべきだ」と言われて「よしやろう」なんてそうそうなりませんよね?やるからにはそれなりに有利に働くことがないとやりたいとは思えません。そこでプログラミングをするメリットをここでは6つほど紹介したいと思います。

  • 高収入を狙える。
  • 場所を選ばずに仕事ができる
  • 仕事の時間帯も自由
  • スキルを高める=高収入
  • これからの時代にあっている
  • ポジションがとりやすい

1.高収入を狙える¥¥

まずはみなさんが最も望んでいるであろう「高収入」がわりと簡単に行くかも、という話です。

もちろん3〜5ヶ月ほどの勉強(人による)は必要ですが大抵の人はこれぐらいで年収6,700万円、多い人で1000万円を超えるケースもあります。では何故こんなに稼げるんでしょうか?

理由は簡単です。

先ほども申し上げた通りプログラミング業界は「プログラマー不足」になっているからです。需要があるのに人が足りない、仕事の単価が増えるのは当たり前ですよね?てなわけでプログラミングを勉強しとけば職に困ることなく安定した収入を得ることができます。

2.場所を選ばずに仕事ができる

「毎日出勤面倒くさいなぁ」とか「朝の電車辛すぎ」って思う方めっちゃ多いと思います。

機内で仕事をするビジネスマン[11069006100]の写真素材・イラスト素材 ...
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/static.amanaimages.com/imgroom/rf_preview640/11069/11069006100.jpg

プログラミングなら学ぶ言語によっては在宅ワークも可能ですし、稼げるようになれば海外を飛び回りながら仕事をするという両立も可能です。正直プログラミングって夢ありすぎなんですよ笑笑

3.仕事の時間帯も自由

先ほど行ったことにも関わるのですがサラリーマンの大抵のひとは朝めっちゃ早く起きて夜遅くまで残業してまた次の日朝早いみたいな感じだと思うんですよ。けどプログラミングを職業にするとなると家で仕事をする場合、朝8時に起きて10時ぐらいまでゆったりして、そっから仕事みたいな感じで相当リラックスした生活が遅れるんではないかと思います。在宅ワークをしている人で言うとマナブさんあたりが思い浮かぶんではないでしょうか。よかったら彼の1日のルーティーンを公開している動画があるので是非ご覧ください。

【月収800万】海外フリーランスの1日ルーティン【マレーシア】

4.スキルを高める=高収入

ここが一番夢が膨らむところかもしれません。大体の仕事(専門職は除く)は固定給があってプラスで残業代みたいな形でいくら頑張ってもこれだけしかもらえないって言うことからあまり身が入らないことがありますよね?

それに比べてエンジニアはどうでしょう?例えば50万円の案件をするのに前は1ヶ月かかっていたのから同じタイプの案件を1週間でできるようになったとします。

すると年収は月50万円→月200万円へと大幅にアップします。こんな具合で「やればそれだけ稼げる」って気持ちがあれば仕事のモチベーションの維持にもつながるはずです。

プログラミングは案件が多いのに人材が少ない⇨案件の単価も上がる、これさえ覚えておいて思い出し続ければ挫折することはないと思います。

5.これからの時代にあっている

ここが一番大事なところなんですがやっぱり環境にあっていないとこれからのことを考えたときに不利になることはまず間違い無いですよね?

フィジカルインターネットってなんだ? : 【ほぼ毎日更新】国際物流 ...
https://livedoor.blogimg.jp/logitwitter/imgs/3/a/3a1d4efd.jpg

今世界は情報化・グローバル化が進んでいてインターネットを使いこなせる人とそうで無い人との差がどんどん広がってきているのも周知の事実です。

そうしたときに狭い範囲に焦点を当てた仕事ではこれから収入を伸ばすことは困難だと考えられます。

インターネットを使うことで不特定多数の人と仕事のやりとりができるようになるため収入もそれだけ増えることになります。その点から見てもプログラミングは時代にあった仕事と呼ぶことができるのでは無いのでしょうか?

6.ポジションがとりやすい

最後にポジションがとりやすいと言うことです。

「どう言うこと?」と思うかもしれませんが要するに知名度を簡単に上げることができると言うことです。知名度を上げると仕事の依頼も増えます。

分かりにくいかもしれないので簡単な例を出します。

スポーツ選手の中でテレビCMとかでもよく見る人っていますよね?あれって知名度が高いからCMに出してもらえるわけであって今から私が「CM出してください」なんて言っても無理に決まってます。

それと同じでプログラマーも知名度が上がれば上がるほど仕事の依頼も増えるという仕組みです。

プログラミングを学んでおいたほうがいい理由

プログラミングを学ぶことでエンジニアになる以外にも様々なことができるようになります。例えば自営業で製品を販売している人がいるとします。その人は宣伝の手段として自分でWebを作ってそこに自分の商品の情報を掲載することができます。このようにプログラミングを「職」としてではなく「一手段」として利用することで自分の将来を拡大させられることもプログラミングの魅力です。

最後に

プログラミングを勉強しようと思った方にお勧めしたいのが、プログラミングを英語で学ぶということです。日本語で学習するよりも豊富な情報収集をすることができます。ていう缶ンジで今日はこれぐらいにしたいと思います。サゴまで見ていただきあろがとうございました。

コメント