90点越えを量産した中学生のノートのまとめ方

TEST

こんにちは。kenjyamanです。

この前のテストでは主教科5つ全てで90点を超えました。
全てノートまとめのやり方のおかげです。

今日はこんな悩みに答えます。

テスト前にノートまとめや教科書の復習をするけどなかなか結果につながらない…

意識すること自体はほんの小さなことなのでサクッと抑えちゃいましょう!!

本記事の内容
  • 多くの人が勘違いしているノートの取り方
  • 99%失敗しないノートまとめの方法

多くの人が勘違いしているノートの取り方

今からあなたが書いているノートを見せてあげましょう。

何も変わりないと思うこのノート、最悪です、、、

ではここでノート(note)を英和辞典で調べてあげましょう。(ちなみにノートは本来ならばnotebookですがここではそのままの意味を見ます)

黄色の枠を見てもらうと走り書き、メモなどと書いてありますよね。

ではもう一度上のさっきのノートを見てもらうととても丁寧に線に従ってカラフルにまとめてあります、が!!

それこそが最大の過ち、どこが大事かわからん!!ということでこのノートを見て何が最重要かわかりますか?

しかもこんなにペンの持ち替えがあるのなら先生が話すことを聞き取れますか?

学校の授業において最重要は先生が話すことです。

よく聞きますよね、「先生が今言ったことテストに出るから覚えといてね、」とか、、

答えを授業で言われてるのに聞き逃したらもったいなさの極みなんてもんじゃありませんよ

なので理想はこっち、

汚ったね、と思うかもですが自分がよめればOKです。

ポイントとなる部分を話していきます。

黒板の内容は丸写しというより素早く図解

黒板丸写しはNGです。これをしちゃうと時間の無駄になり授業の意味がなくなります。

もう一度言いますが授業で一番意識すべきは先生の話ですからね。

黒だけ、ペンの持ち替えはしちゃダメ

ペンの持ち替えをするのも絶対にダメです。そういうことはテスト前のノートまとめでやればいいんですから、

後まとめて言っときますが腺からはみ出すとかは考えないほうがいいです。

何ならノートを落書き帳に変えてもいいでしょう。白紙にしたら従うものなんてありませんから、

長い文は行数で示しとこう

黒板に書いていることを図解する上で長いなと感じたものは教科書の行数で示してあげると後でまとめるときに困りません。

無理に端折って書くよりそっちの方が楽です。

※〜〜〜には先生が言ったことのメモ、隣の余白も豪快に使おう

ノート右側にある余白と途中途中で挟まれる※〜〜〜は先生の言ったことスペースです。

少しでもテストに出せそうだな、と思うことがあれば書き留めていきましょう。

もう一度言います。授業の最重要は先生が言ったこと!!ですよ、覚えといてください。

地獄のノート提出はどうすれば、、

みなさん思うでしょうノート提出問題ですが僕はメモ書きにしたら平常てながりました。
先生としてもこちらの方がいいと思ってるんでしょうね。ということで大丈夫でーす。

99%失敗しないノートまとめの方法

ではテスト前のノートまとめについて見ていきましょう。ここでは見やすくするため色も使用していきます。

使用するのはシャーペン、赤ペン、青ペン、その他一色です。

ですがむやみやたらとは使いません。使い分けは次の通り。

  • シャーペン→文章
  • 赤ペン→教科書の重要語句
  • 青ペン→先生の言ったこと
  • その他一色→関係性(矢印など)を示す

その色がどの内容かわかっていれば関係性も見やすくなります。

あとは先生の言ったことをベースに教科書の内容で肉付けしていきます。注意すべきはやはり先生の話ベースだということ、
ここを意識するだけで結構変わります。

最後にこれだけなんですが書くときのテンプレとして教科書の内容を書いて先生の話を書く、という順序で書いた方がいいと思います。

「え、さっき先生の話メインって言ったのに」って言われたらすみません。内容は先生の話メイン、書くときは教科書の内容から、という形でお願いします。

ということで終わって行こうと思います。この記事が参考になったという方は友達へのシェアもよろしくお願いします。

ありがとうございました。

ちょこっと振り返り  /  23

ブログ更新に結構日が空いてしまいました。Twitterでも宣言しましたが今日から死ぬ気で毎日更新します。

宣言しないと身が入らないのでガッツリ言っときました。ゲームもなくしてとりあえず直近の目標は年末までに月1万円です。

コツコツやっていきます。

TEST
スポンサーリンク
kenjyamanをフォローする
kenjyamanblog

コメント