記事執筆の際のテンプレを配布します【執筆高速化の秘訣がここにある】

business

こんにちは。kenjyamanです。

今日はブログ記事を描きたいけどどういう構成で書けば良いのかわからない、、という悩みに答えます。

記事執筆に時間がかかってしまっている方にも役立ちます。それではいきましょう。

本記事の内容

  • 完全無料で僕のテンプレを配布します
  • 【WordPressを使っている方へ】記事装飾をさらに高速化

完全無料で僕のテンプレを配布します

完全無料で僕が普段使っているブログ記事執筆のテンプレの抽象化版を配布します。

誰でも使えるようになっているのでご覧いただければと思います。

ダウンロードできるようにしたかったのですが僕の実力不足でした。

全部選択してコピーしてもらえればと思います。

kijisippitu-tenpure-to

補足

上のテンプレートにいくつか括弧書きしてあると思います。

それに関して説明していきます。

最初に相手の悩みや知りたいことを提示する

記事執筆は一番最初が一番大事です。

冒頭文というのは読者がこの記事を読むかどうかの最大の決め手となります。

最初の文章で手を抜いたり説明が不十分だと離脱率が高くなります。

それと同時に相手の悩みを提示すると「そうそう、そうなんだよね〜」という共感も得られますよね?

なので最初に悩みを提示するというのは大事です。

冒頭で解決策を述べる、補足や追加情報は後から書く

最初に解決策を述べる、ということですがこれをさっきと同様離脱率を下げるために行います。

例えばプログラミングの独学の仕方を知りたいのに冒頭で筆者の体験談なんかを聞かされてもその先を読もうとは思いませんよね。

なので冒頭で解決策を述べその後に自分の体験談やその他の肉付けをしていきましょう。

関連記事への誘導も行う

最近だとブログサービスに元から関連記事を最下部に表示、という機能もありますがそれがない場合は必ず自分でリンクを張って誘導を行いましょう。

こうすれば読者を固定客として提起的にブログを訪問させることもできますし読者が他の記事も読んでないように満足すれば周りに拡散される可能性も高くなります。

絶対に外せない最後のまとめですね。

【WordPressを使っている方へ】おまけ:記事装飾をさらに高速化

もうそろそろ記事も終盤ですが最後にWordPressを使っている方向けにブログ記事をさらに早く装飾していく方法を話しておきます。

結論、プラグインを使用するんですがそのプラグインがAddQuicktagとClassic Editorです。

プラグインのインストールはダッシュボードの左メニューからプラグイン→新規追加→右上の検索窓で検索でインストールできます。

インストールできたら有効化するだけです。

簡単に使い方だけ説明しておきます。

まずClassic Editorを有効化して投稿→新規追加としてみてください。

いつもと違う画面が広がっていると思います。

ここは一旦確認だけしておいてください。

次にダッシュボード左のメニューバーから設定→AddQuicktagをクリックしてみてください。

ここからは多少のWeb制作プログラミングのスキルが必要になりますが知らない人でもネットでググれば出てきます。

簡単に説明するとまず色々なものが出てきますが次のように自分で追加できる欄を確認してください。

ここにボタン名を入力しそれに対する「タグ」をつけていくわけです。

例えばですが見出し2として使用しているものをタグで表すときには開始タグに<h2>、終了タグに<h2>に「/」を入れて</h2>と入力します。(ここでは<>が全角ですが実際は半角です。半角で入力するとタグとして認識してしまったので、ご了承ください)

そして右側のチェックボックス全てにチェックを入れて変更を保存をクリックしてください。

そうしたらもう一度投稿→新規追加と画面を開いてみてください。

既存のタグとともに「h2」ボタンが表示されます。

これで自分が普段使う枠線やボックス、太字等の設定を行えば装飾が早くなります。

装飾の仕方なんですがこちらもさらっと解説しときますね。

と言っても簡単で装飾したい部分を選んでボタンを押すだけ、こんな感じです。

最初の方は時間がかかりますが慣れれば超簡単になるので一度試してみてください。

ということでこの記事を見たあなたは他のブロガーよりも有利になりましたね。

どんどん頑張っていきましょう。この記事は以上です。ありがとうございました。

ちょこっと振り返り  /  53

来週1週間は僕の学校の新高1生の受験があるため休校期間です。

課題も山盛りですが一度気分をリフレッシュさせたいと思います。

もちろん、作業量が減るわけではありませんがね!!!

コメント