転職するならIT一択な理由【結論:あなたの価値が上がります】

business

こんにちは。kenjyamanです。

今の仕事が嫌で転職先を探しているけど稼げる業界がいい、けどそんなのどこだろう?

こんな方に今日はIT業界に参入すべき理由を話していきます。

本記事の内容
  • 転職するならIT一択な理由【結論:あなたの価値が上がります】
  • ITに向き不向きはない

転職するならIT一択な理由【結論:あなたの価値が上がります】

結論、あなたの人材価値を高められるからです。

IT業界ではスキルをつけて仕事をこなす、ということが重要になります。

そうなると意識してなくてもスキルが蓄積されるのは分かりますよね。

しかもこれからはプログラミングなんかについての知識はもっと需要を増してきます。

ですが供給が少なすぎる、参入するなら今しかないですよね。

今はプログラミングした方がいいよ、問う方が増えているのであと数年もすれば供給が満たされますから、

スキルさえ身につければ独立も可能

IT転職すべき理由のもう一つに独立可能であるということが挙げられます。

会社という学びの場を借りて無料でスキルを蓄積、というか学ぶ+報酬もあるんですよ。

そしてそこで独立すれば年収はざっくりですが2倍ぐらいにはなります。

なんでそんなに上がるの?と思うかもしれませんが簡単にいうと自分の成果が会社に吸収されないんですよ。

会社の場合「自分がしたこと×1/2=自分の年収」に対して独立している場合「自分がしたこと=自分の年収」になります。

これを考えるとやはりIT業界に就職することが合理的だと分かりますよね。

ということで理由を説明したのでこれで終わりにしてもいいんですが

どうせITには向き不向きがあって一部の人しか無理なんでしょ?

と言われそうなのでそこについても触れておきます。

ITに向き不向きはない

結論ですが向き不向きなんてありません。

世の中には文系の大学に入ってそのあとIT就職→独立というふうに成功している人が何人もいます。

だから大丈夫なんですよね。

というかITは理系だ!という偏見がありますがそんなことはなくコードを書いたりアプリやサービスを考えていく工程においては文理は関係ないですよ。

むしろ問われてくるものは思考力・発想力です。

ですがどちらかが欠けていてもパートナーを見つけてやっていけば問題ないです。

全て兼ね備えている必要はありません。

ITは案外誰かと協力する、とかペアで作業する、ということがあるので一人で抱え込まないことが重要ですね。

IT関連は勉強するけど暗記しない

IT業界で活動していくとなると学習量は必然的に増やす必要があります。

ですが学習と言っても暗記するわけではありません。

みなさんの中での勉強のイメージって暗記する、かもしれませんが実はそうじゃないです。

ビジネスにおいての勉強とはわからないことを浮き彫りにすることです。

わからないことをどこかにメモしておく、そうしたら忘れても構いません。

だってわからなくなればすぐにチェックできるんですから。

メモする際には検索可能にしておきましょう

何かをメモする際はWordやiPhoneやMacのメモアプリでもいいでしょう。

検索ワードを指定すればすぐに出てくる、この状態にしておけばメモが増えても大丈夫になります。

ということで内容をまとめると

  • IT転職すべき理由は人材価値が上がるから
  • スキルを貯めれば独立もできる
  • IT関係の仕事は誰でも協力作業でできる

ということでこの記事は以上です。ありがとうございました。

※ちょこっと振り返りは今日2記事目なのでなしでーす。

コメント