スタディサプリEnglishのコース別の詳しいことを解説!

商品紹介

こんにちは。kenjyamanblogです。いきなりですがみなさん「英会話」覚えられるなら覚えたいって思ったことありませんか?

けどそう思っている方の大半は「難しいからどうせ無理」とか「英会話スクールに通っても自分のレベルに合っていないから」と思いがちです。

そんな人に今日は自分のレベルで始められると話題のスタディサプリEnglishについて話していこうと思います。よろしくお願いします。

スタディサプリEnglishってそもそも何なの?

これを見ている人の中には「スタディサプリEnglishってそもそも何?」とか「広告で見たことはあるけど詳しく調べた事はない」という方がほとんどでしょう。

スタディサプリとはrecruitが運営している英語学習サイトです(アプリ版もあります)。「TOEIC TEST対策コース」、「ビジネス英語学習コース」、「新日常英会話コース」の3つがあり自分に合ったコースを受講することができます。

それぞれのコースでは自分のレベルに合わせて基礎内容から発展内容まで様々なことを学ぶことができます。スタディサプリEnglishは「継続できる勉強法」でコツコツ進めることができ、確実な能力を身につけることができます。

さて、スタディサプリEnglishの全体像が掴めたところでそれぞれのコースについて詳しく見ていこうと思います。

TOEIC TEST 対策コース

まずは大人に絶大な人気を誇っている「TOEIC TEST対策コース」です。

みなさんご存知の「TOEIC TEST」、このテストのスコアアップを狙ってたくさんの方が受講されています。TOEIC TESTの過去20回分相当の演習問題に加え、それぞれの演習問題の分かりやすい解説、これだけでも十分かと思いきや+αでプロの先生たちによる講義が300本ほど試聴することができるようになっています。

さらに忙しい会社員や主婦の方でも1回3分から始められるので隙間時間を有効に使うことができます。また、ディクテーション(聞き取った英語を書くこと)、シャドーイング(聞きとった英語を自分で発音すること)を行うことでリスニング力のアップにも繋がります。

実際にこのコースを利用した人からの評判もよく100〜200点、多い人でスコアが2倍近くに跳ね上がったという人もいるとのことです。キャリア選択肢を増やしたいという人はぜひ受講してみてはどうでしょうか?

ビジネス英語学習コース

続いて「ビジネス英語学習コース」です。ところで皆さん、あの大ヒットドラマ「下町ロケット」を手掛けた脚本家・稲葉一広氏をご存知ですか?

「いやいきなりそんな話すんなよ」と思う方もいるかもしれませんがまあ落ち着いてください。稲葉さんはビジネス英語学習コースのレッスンをドラマ式に仕上げてくださった張本人なんですよ。

この方のおかげで「ビジネス英語」という堅苦しそうに聞こえるものも楽しく学べてしまうわけです。このコースを受講するかはご自分の職種などにもよると思うので自分と相談して必要に応じてやれば良いかと思います↓

「新日常英会話学習コース」

グローバル化が進んでいる社会でこれから若者への最も需要が高まるであろうこのコース、先ほどのビジネス英語学習コースと同様ドラマ式レッスンとなっています。

制作していただいたのは江頭美智留さんでニューヨクを舞台にして作ってくれました。最近新しくできたこのコースですが必ず将来的に必要になる言葉が多々含まれています。この機会にぜひ受講してみてください↓

英語学習は絶対にしておいた方が良い

ちなみにですがみなさん、英語学習の必要性について考えたことがありますでしょうか?結論だけ言わせてもらうと「学ぶべき」です。英語学習の必要性については以下の記事で詳しく解説していますので是非ご覧ください↓

コメント