パクって伸ばす!スティーブ・ジョブズに学ぶパクリ方

business

こんにちは。kenjyamanです。

自分のオリジナルを求めすぎていませんか?

僕もダニエルを仲間にしてオリジナリティーを出しています。

ダニエル
ダニエル

呼んだ?

ですがその反面、パクったりもしています。

今日は悪用だけは避けてほしい上手いぱくり方を紹介していきます。

本記事の内容
  • ジョブズは良くも悪くも現代のエジソン
  • 後入りでも勝てるのがビジネス
  • パクるだけでも成長です

ジョブズは良くも悪くも現代のエジソン

みなさん、エジソンって知ってますか?

彼は電気を発明したことで有名ですが実は最初に発明したのはイギリスのジョセフスワンというという人だったのです。

エジソンはこれを実用化しただけなのです。

現代のエジソンとも呼ばれるApple創設者のスティーブ・ジョブズもこれと一緒でした。

彼が自分の商品として生み出してきたiPhoneやiPad、さらにはMacなんかも最初はゼロックス社のコピーだったとのこと、

ですが成功したのはジョブズ、先ほどのエジソンも同じような感じでしたね。

つまり成功は掛け算だということです。

ジョセフスワンが電球を生み出したという1にエジソンが10という数字をかけて成功を成し遂げたということですね。

またゼロックス社の作り出した1という技術をジョブズが10にした、

逆に言えばジョセフスワンやゼロックス社は0に1を「足して」いたんです。

ということはですが1発目にかけ出した人よりもあとから走り出して掛け算をした人の方が成功しやすいということですよ。

後入りでも勝てるのがビジネス

先ほども言った通りあとから入っても勝てる、というかあとからの方が勝ちやすいのがビジネスです。

ですが大事なのは自分なりのオリジナリティーが出せているか、

掛け算においてはこれが大切です。

いくらパクったってかける数が一のままではダメですよね。

なので自分なりの施策を加えてより良いものにしましょう。

トップの真似をしながら自分のオリジナリティーを出していくことで自分とは規模の違う相手にも対抗できます。

特に今は大企業相手にも個人で対抗していける時代になってきたので必要なのは行動力と挑戦の数だけですね。

パクるだけでも成長です

パクるだけでも成長できます。これは紛れもない事実です。

実際僕はWeb制作を始める第一段階で有名なWebページや売れている会社のWebページを片っ端からパクりました。

その結果案件を受注できるだけのスキルを身につけることができたのです。

「習うより慣れろ」と言いますが本当にその通りです。

一から学び始める以前にその業界での上のレベルの人を真似してある程度作業になれる方が結果を生み出しやすくなります。

つまり

  1. パクる
  2. オリジナリティーを加えて
  3. 収益化

ですね。これを意識すればいいんですがもう一度言います。

大前提は挑戦の数を増やすことです。

これさえ意識すれば大丈夫です。確実に継続していきましょう。

短期スパンで考えちゃダメです。大体大きな結果を生み出す人は成果が出るまでを長く見積もって少しずつコツコツやっています。

たまに超天才がいてちょっとやるだけで馬鹿ほど成果を上げる人がいますが1億人に一人だけなのでそこを狙うのはやめときましょう。

ということでこの記事は以上です。ありがとうございました。

良かったと思ったら近くの友達にも紹介してあげてくださいね。

ちょこっと振り返り  /  49

ぱくりが重要だということを伝えておきながら僕もパクリに挑戦中!

知っている方は知っていると思いますが僕はゲーム廃人です。

なのでウイニングイレブンというゲームで有名な実況者のプレイをたくさん真似しています。

皆さんもどんどん真似していきましょう。

コメント

  1. […] パクって伸ばす!スティーブ・ジョブズに学ぶパクリ方こんにちは。kenjyamanです。 自分のオリジナルを求めすぎていませんか? 僕もダニエルを仲間にしてオリジナリティーを出してい […]

  2. 谷口ボブ より:

    嗚呼