天才じゃないからできないは捨てよう【自分に合わせて努力する】

life

こんにちは。kenjyamanです。

今日は「天才じゃないからできない」と言ってる人を心底へし折ろうと思います。

すみません。急に過激な表現を使いましたが要するに天才じゃなくてもできる、ということを証明していきたいと思います。

本記事の内容

  • 本当に天才な人でもそれだけの努力をした
  • 天才と才能の違い

本当に天才な人でもそれなりの努力をした

今日はサッカーを題材に話していこうと思います。

みなさん、下のお二人のサッカー選手の名前、ご存知ですよね。

  • リオネル・メッシ
  • クリスティアーノ・ロナウド

先に言うとメッシが持っているのが天才と言うものでロナウドが持っているのが才能です。

天才は努力しなくていいは嘘

じゃあみなさんに質問ですが果たしてメッシは努力をしなかったんでしょうか?

子供の頃からずば抜けた能力を持ちバロンドール6回受賞を果たすなど常識からは考えられないほどの偉業を幾度も成し遂げてきました。

彼の生涯を語った動画なんかもYoutubeに上がっていますが僕ならあんなことはできないと断言できるくらい壮絶でした。

その動画を見ろとは言いませんが僕が言いたいのは天才で有名な人は少なくとも人並みの2、3倍は努力してきたと言うことです。

「俺は天才じゃないからできない」とか言うよりもまずは努力する、そこに重点を置いた方が早く結果が出るし無駄なことを気にしなくてすみます。

それではなんですがロナウドが持つ才能ってなんだと思いますか?

これを天才と同じにはしないでください。

天才と才能には大きな差がありますからね。

天才と才能の違い

ロナウドは天才ではないと言えますがそれでもバロンドール5回受賞を果たしています。

こうしてメッシと並び称される理由はやはり彼の努力の結晶だと言えます。

ここで天才と才能の定義について見ましょう。

  • 天才・・・生まれつき備わったすぐれた才能。そういう才能をもっている人。
  • 才能・・・ある個人の素質や訓練によって発揮される、物事をなしとげる力。

簡単に言えば天才は生まれつき持っているすごいもので才能は努力して身につける天才ってことです。

ロナウドは天才ではなかったが自分で人の数十倍の努力をして天才を身につけたんです。

その象徴があの肉体と言えるでしょう。

なので天才でない世の中の99%の人は「才能」を身につけるための努力をしましょう。

才能がないって言う言い訳をしている人は自分が努力してないことを自白してるだけです。

いちいち周りと比較しない

周りと比較して生きていくのはやめましょう。

自分より下の人と比較して優越感を得ても意味ないですし自分より上の人と比較して萎える、ってことを繰り返すのも非効率です。

大事なのは自分に合わせて努力すること、誰かと同じことをしても 大きな成果は期待できません。

だって十人十色という言葉があるように同じ人なんて一人もいないのですから。

自分に合わせた努力を続けつつ成果が出なければまたやり方を変える、基本はそのスタンスでやっていけばいいと思います。

ということでーーーーーーー、この記事は以上です。ありがとうございました。

ちょこっと振り返り  /  46

僕は自分を天才だと思っています。

ていうのはもちろん冗談なんですが少なくとも馬鹿ではないことを知りました。

この前友達にプログラミングをしていると話したら「やる意味なくね」って言われた。

もうそんなやつ友達って呼べねえしやってもないし知識もないのに意味ないって言える馬鹿がいることを知ってほっとしました。

life
スポンサーリンク
kenjyamanをフォローする
kenjyamanblog

コメント