プログラミングの言語選びを手助けする、言語選びで注意するべきことを徹底解説!!

プログラミング

こんにちは。kenjyamanblogです。今日はプログラミングをする上で必ず戸惑うであろう言語選びについてに教えていこうと思います。

後最初にお伝えしておきますが今日書く内容は私のものではございません。何故ならプログラミングについてはあまり詳しくないからです。ということで今日は親戚のエンジニアに話してもらったことを私なりの言葉でお伝えできたらと思います。よろしくお願いします。

PCとコミュニケーションがとれる言語「プログラミング言語」をご紹介し ...
https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcSNbzZ0ZCQa2v8X1wP1wsyfN51frMVERtgvKQ&usqp=CAU

プログラミング言語には言語別に用途がある

一言にプログラミング言語と言ってもいろいろなものがありそれぞれの言語には「これのための言語」という役割があります。

例えば何かを制御するためのプログラムを組み込むには「C言語」、「C++」、「Java Script」、「Phython」などが用いられます。

Web系のプログラミングは「HTML」、「CSS」、「PHP」、「Rails」、「Ruby」なんかが普通です。(個人的なおすすめどNo.1がWeb系)

業務系だと「Java Script」が多いです。

今ちょっと見ただけでもこんなに言語があるんです。ですが今日はここから厳選してお話をしたいと思います。

自由に生きたい人ならPHPかRails、JavaはNG

まず最初に断らせてください。Java ScriptはNGです。

なんでかって言うのはとても簡単で先ほども言った通りがJavaは業務系の開発が多かったりします。

なので在宅ワークなんて滅多に見たことがありません。

これを踏まえた上でなんですがPHPとかRailsだとWeb制作やWebデザインなんかが多く、リモートワークの人も多々見かけます。

PHPとRailsどっちをやるかって話ですが最終的には両方やるのがベストだと思います。大体の人はPHP→Railsという順序でやっていくのが無難でいいと思います。

自然言語処理に興味があるならPython

すいません、ここはチラッとしか教えてもらえなかったのですが、自然言語処理とかに興味があるのならPythonでもいいと思います。

優秀なエンジニアってどんな人?

優秀なエンジニアを採用する方法、それは環境を整えることです。
https://manablog.org/wp-content/uploads/2018/02/shutterstock_605291450.jpg

世の中にいる優秀なエンジニアって結局どんな人なのかと考えたときに「いらない情報を排除して正しい情報をインプットする→その情報を周りに伝えていく」これができる人が自由な生き方をしていてなおかつ稼げる人だと私は思います。(私がいうのもなんですが)

独学でもぶっちゃけ問題はない

本当にできるエンジニアはみんなそうですが、大体の言語はプログラミングの基礎さえ知っていれば1年ほど独学すれば上位4~50%ぐらいには入れると思います。

後自分がしたい言語を捨てて会社に勤務している人がいるなら今すぐやめたほうがいいと思います。人生においては常に自分を中心に考えるほうが圧倒的に楽ですから。

会社に期待していては時間の無駄

会社で働きながら学ぶのは「お金をもらいつつスキルアップができる」というとてもいい状態ではあるのですが、会社にいないと学べないというマインドを持っている方がいるならそれはすぐに排除すべきです。

先ほども言った通り優秀なエンジニアはみんな1人でこなしていますから。最も大事なのは自分から行動を起こすことです。

アプリでもあり

アプリ アイコン」の画像検索結果 | アプリアイコン, アイコンデザイン ...
https://i.pinimg.com/originals/df/01/f3/df01f330fd8a2bfad4175916873385b4.jpg

先ほどのPHPとRailsについての補足なんですがアプリ開発をしたいならそれでもいいと思います。トレンドとしては過ぎていますが需要はまだまだありますし。自分が好きな方を選べばいいと思います。

プログラミングを学んでいく皆さんへ 環境準備について(ここの執筆者はkenjyamanではございません)

ここはちゃんと説明しないといけないと思ったので執筆者が変わります。エンジニアのKouです。

この記事を見てプログラミングを学ぼうと思った方いらっしゃるかと思いますが何をするにせよ環境準備はとても大切です。

プログラミングをどのような方法で学ぶか、どういうツールがいるのか、(スマホしかない方は)どのパソコンを用意すれば良いのかなど調べればたくさん出てきますがここでは環境準備で大切なことと主な準備するものをざっくり見ていきます。

プログラミングをどこで学ぶか

正直なところみなさん一番悩みどころだと思います。

有名どころ(スクール)だと「Tech academy」、独学だと「Pro Gate」「ドットインストール」辺りがあると思います。私は後ろ2つの「Pro Gate」と「ドットインストール」を併用しました。

「ドットインストール」は一回の講義の時間が短く隙間時間などで学習することができます。「Pro Gate」はゲーム感覚で進めていけるのがいいと思います。

自分に合う方をお選びください。ベストとしては両方なんですけど。「Pro Gate」は有料会員になれば一気に上級者への道が開けるかもしれません!!

ちなみにTech Academyの概要は下からご覧ください。いくつか載せておきました。

はじめてのプログラミングコース

Webアプリケーションコース

機械学習の基礎が学べる「Pythonコース」

Webマーケティングコース

必要なツール

いざ始めようとしてもどこにコード(プログラミングの文字列)を書けばいいのかわからない方もいるかと思います。

「Pro Gate」なんかだとあらかじめそれが用意されていますが自分で何かオリジナルのものを作るとなった時はやはり困ってしまいます。

私が一押ししたいのはVS codeというツールです。

比較的扱いやすくググったときの情報量も豊富です。

下のリンクからダウンロードできます。

無料でVS codeをダウンロード

パソコン選び

最後にこの話をするかって感じなんですけれどもここは本当にどうでもいいので最後にしました。「プログラミングならMac買わなくちゃ」なんて思うかもしれませんがそんなことは一切ありません。

今家にあるボロいノートパソコンでもいいですし、それがないという方は今だと4~5万円程度のパソコンも売っているので最初のスタートはそれで切り、後からお金が貯まればMacに乗り換えとかでいいと思います。

正直どんなパソコンでも大丈夫です。

                   環境準備については以上です。

最後に

先ほども言った通り自分から行動を起こさなければ何も始まりません。チャレンジして失敗することを恐れないでください。ということでこの記事はこの辺にしておきたいと思います。ありがとうございました。

コメント